ビジネス文書検定とは?

 

 

現在社会では、インターネット上で探せば『ビジネス文書』として、
あらゆるフォーマットができているが、
それらをまとめてあるような試験がビジネス文書である。

 

 

どのようなヒトが受験するの?

 

 

受験年齢等はないので、就職活動を有利にさせようと考えている学生が、
主に試験の構成員。
社会人で受験しているヒトは、お客様問合せや、カスタマーセンタ―勤務の人間が、
顧客に対しての電話応答で失礼がないように応答するために身に付けるヒトが多い。

 

 

試験内容としては

 

 

クレームに対しての手紙や、冠婚葬祭に対してのマナー、同音漢字の書き取り等、
国語に近い分野の試験である。
就職活動に有利というのもさることながら、
社会人になり、社会人の誰でも知っているマナーが身についているかどうか、
確認するために受験するのも有益な手段だと思います。

 

 

マークシート方式と、文章の書き取り方式があり、
それぞれ最低点が設けられている。
足きり点以上、合計点数以上ではないと、合格とはならない。

 

 

いまどきパソコンで書類を書くからこのような技術は必要ないと、
感じることもありますが、
やはり体に身についているのであれば、
電話応対に関してお客様に失礼なことを言わず、スムーズに対応ができます。
クレーム案件の電話では失敗をすると、
火に油を注ぐことになり、個人に対しての評価というよりも、
会社全体の評価が悪くなります。

 

 

 

出典:公益財団法人 実務技能検定協会
http://jitsumu-kentei.jp/BB/index

Sponsored Link