タグ:建築士の記事一覧

あるきつづける日記

独学で資格取得に挑む情報日記。建築士、KS(キッチンスペシャリスト)、IC(インテリアコーディネーター)、LS(リビングスタイリスト)、ビジネス文書等。

タグ:建築士

建築物の荷重

長期荷重=固定荷重G(自重)+積載荷重P →長期応力度

 

 

??短期荷重=積雪荷重(積雪の多い地域では長期参入)S、風圧力W、地震力K →短期応力度

 

 

??鉛直荷重→固定荷重、積載荷重、積雪荷重

 

 

??水平荷重→風圧力、地震力、土圧?水圧

 

 

??その他→振動?衝撃?熱?強制変位

 

 

▼建物の重さ▼

 

 

 

木造:固定荷重G+積載荷重P(べた基礎の重量を含む)
1階建 約0.7t/m2
2階建 約1.0t/m2
3階以上の各階ごとに+0.3t/m2増

 

 

鉄骨造:1階建 約1.5t~2.0t/m2 2階建 約2.5t/m2
3以上の各階毎に+0.8t/m2増

 

 

鉄筋コンクリート造:1階建 約2.5t~3.0t/m2
2階建 約3.5t~4.5t/m2

 

 

3階以上の各階ごとに+1.5t/m2増

 

 

 

Sponsored Link







建築に関する知識の前提

??欠陥の前提??
▼設計について▼

 

 

?そのものの責任において設計図書を作成すること【建築士法】

 

 

?設計図書とは建築の工事実施のために必要な図面及び仕様書【建築士法】

 

 

?設計を行うにあたり、法令又は条例の定める建築物に関する基準に適合するようにしなければならない【建築士法】

 

 

?設計の内容に関して適切な説明を行うように努めなければならない【建築士法】
▼施工について▼

 

 

?施工技術の確保に努めなければならない【建設業法25条の27】
▼工事監理について▼

 

 

?そのもののの責任において、工事を設計図書と照合し、それが設計図書の通りに実施されているかいないかを確認すること【建築士法】

 

 

?工事が設計図書の通りに実施されていないと認めるときは、直ちに、工事施工者に注意を与え、
工事施工者がこれに従わないときは、その旨を建築主に報告しなければならない【建築士法】
??欠陥の特徴??

 

 

①それが欠陥と言えるのか

 

 

②技術面から見て、それは欠陥と言えるならば、どのような直し方が必要か

 

 

③直すのにいくらかかるのか

 

 

④精神的なダメージはどのくらいか

※より安く簡便な方法で直すことを提案してくるので、正確な補修費用相当額がわからなくなる

 

Sponsored Link







ご無沙汰してます。

安心してください!
勉強してますから!

 
と、言っても読書です。
1回読んでも理解出来そうもないという事を感じ、
じっくり読む事から、流し読み体制に変化しています。

 
ふぅ…………
それだけ頭が老化したのでしょうか?
読みやすい本なんですけどね。

 

 

 

Sponsored Link







とりあえず・・・memoる

先日解いた平成27年度の学科試験過去問…………
片っ端から間違えています。

 

 

 

ひとつひとつ納得してから記事をupするべきとも考えたのですが…………
先日の記事でお伝えした通り【背中に関節炎】をただいま患っているので……

 

 

しかも、日々の生活上…………荷物運び的な要素は発生するわけで…………

 

 

 

荷物を減らしたい??

 
と、考えたわけです。

 

 

 

間違えた箇所だけpickupし、
後日同じ問題を間違えないよう追記編集します。

 

 

 

ブログとしてどうなんだろう…………とも思いますが、
【あ、ここでなんで間違えるの?おバカだねぇ……】
【そこ、自分も間違えて、実はこのように考えたら二度と間違えなくなった】等、
ご意見ありましたら、
コメントに記載願います。

 

 

Sponsored Link